コンセプト

薬用美白×大容量=高コスパ

白く美しい素肌への憧れは古くから根強く、奈良・平安時代から化粧品として使われてきた白粉(おしろい)がその原点であるといわれています。

明治時代後期には西洋から「色つき」のおしろいが輸入され、けっして真っ白ではない、その人独自の肌色があることが意識されてきました。

1980年代以降はサイエンスとコスメの融合が進み、化粧品そのものが急速に進化していきます。

原材料や確かな効果・効能など、化粧品に求められる品質レベルがアップするとともに、輸入化粧品ブランドへの需要もさらに高まりました。

小麦色に日焼けした健康肌が流行った時期もありますが、お肌にとって「紫外線=悪」という公式が認知された現在では、きちんと手入れされ、磨きぬかれた素肌こそが不変の美しさとして支持されています。

「HBA® 薬用プラセンタ ホワイトローション」は、「美白」という言葉を使うことができる薬用化粧品(医薬部外品)としての基準をクリアしながら、毎日惜しみなく使える大容量、そして、どなたにもお求めやすいロープライスに設定し、高いコストパフォーマンスを実現した製品です。

日本女性だけではなく、世界中の女性はもちろん男性たちにも、スキンケアの楽しさと確かな効果を実感していただいたときの喜びを感じていただきたい。

そんな思いでつくりました。

あなたの素肌の健康と美しさのために、どうぞ末長くご愛用ください。

©  HBA® PLACENTA White Lotion All Rights Reserved.
PAGE TOP